振袖をレンタルして結婚式に参加しよう|未婚女性に人気

結婚

お祝いの席に相応しい正装

着物

華やかな柄が特徴

振袖の特徴は、未婚の女性が着るもので、華やかな柄の着物だということです。未婚の女性の、最も格式高い着物とされていて、正装として結婚式などの、改まった場所へ着ていくのに、適しています。振袖は袖の長さに種類があり、一番袖が長い大振袖は丈が114センチほどあり、昔から結婚式で花嫁が着用していた歴史があります。結婚式や成人式で振袖を着る場合、レンタルで借りる人が多く、全国に専門のレンタル店があります。着物のレンタル店の特徴は、振袖を買うより格安で利用することができ、毎回違う柄の振袖を着れるということです。着る季節にあわせた花などの季節の柄や、流行りの柄などを着ることができ、新鮮な気持ちでおしゃれを楽しめます。

種類や特徴を調べる

結婚式で振袖を着る場合、種類と特徴を調べて、相応しいものを選ぶ工夫をすると、マナー違反になる心配がなく安心です。結婚式では花嫁が大振袖を着る場合があるので、結婚式に招待されて振袖を着る場合には、お祝いの席で着る中振袖を選び、花嫁と色合いがかぶらないように、事前に相談しておく工夫が必要です。着物のレンタル店を利用する場合には、長襦袢や帯締め、草履やバッグ、髪飾りなど、必要なものがすべてセットになっているお店を探すと、小物を探す必要がなく、似合う色合いでトータルコーディネートされているという利点があります。着付けやヘアーセットなどを、格安や無料で行っているお店もあり、お得に利用できるメリットがあります。